婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪の違い

プロポーズが成功して結婚が決まった男女が次にするのは、どこで結婚式を挙げるのかを考えるなどブライダルへ向けての準備で忙しくなります。
そんな中でも大切なアイテムが結婚指輪ではないでしょうか?
この記事では【婚約指輪と結婚指輪の違いと、購入するタイミング】について詳しく解説します。
 

婚約指輪と結婚指輪の違いはどう違うの?(女子は知ってるけど男子は知らない人も多い)

 
ブライダルリングには二種類あって「婚約指輪」と「結婚指輪」があります。
男性の中には「えっ、ふたつもいるの?」と思っているかもしれませんね。
男性は婚約指輪を贈る側ですが、このふたつの指輪のことを知らない人も多いです。
知らないとジュエリーショップに言っても話が理解できません。
ここで両方の指輪のことを整理しておきましょう。
 
婚約指輪(エンゲージリング)の基礎知識
プロポーズをして結婚を約束したあとに、婚約の証明として男性側から女性側へ贈られるリングです。
結納品のひとつとして新婦のご家庭へ贈られてきました。
最近は結納の儀式もしないカップルが増えてきています。
男性が購入して直接女性にプレゼントするか、プロポーズしたあとに二人で一緒に選んで購入するパターンが多くなっています。
 
気になるお値段ですが、平均的には30万円から40万円ほどで、ダイヤモンドのリングが多いですね。
大体7割ほどはダイヤモンドの宝石が使われているタイプです。
何故ダイヤモンドなのでしょうか?それには硬さがあります。
 
地球に存在する物質の中でも一番固いのがダイヤモンド。
だから「長く・固く続く愛情」という意味が込められるのです。
こういった理由からダイヤモンドをデザインした婚約指輪が主流になったのです。
しかし、ダイヤモンドでないとダメということではありません。
新婦さんの誕生石やルビーやサファイヤなど好きな宝石を婚約指輪に入れる女性も少なくありません。
 
婚約指輪は日常的に利用するリングではありません。
ちょっとお洒落なパーティーや高級レストランでの食事・お友達やご親族の披露宴に着けるケースが多いです。
婚約した女性は、エンゲージリングを着けることによって「結婚すること」の意識が高まります。
結婚式までの期間を大事に過ごすことができるのです。
 
結婚指輪(マリッジリング)の基礎知識
結婚をすることにしたカップルがお互いに贈り合うリングが結婚指輪・マリッジリングです。
結婚式で夫婦になる誓いをするシーンで利用される大事なアイテムです。
 
一般的には男性用と女性用のペアリングを購入することが一般的です。
近頃では、それぞれが好きなリングを選ぶこともあり、必ずしもペアではないこともあります。
日常的に使うものですから、自分の趣味にあったものを選びたい風潮もあるわけです。
 
デザインはシンプルで宝石がついていないものが主流。
金やプラチナの素材の結婚指輪が一般的ですね。
気になるお値段ですが、平均購入金額は10万円程度になります。
婚約指輪よりはリーズナブルな購入価格になります。
結婚している証明として結婚指輪は左手の薬指に着けます。
 
日常的に着けている男女が多いです。
だから、左手の薬指を見たら結婚しているかどうかがわかるのです。
ときどき、合コンのときだけ結婚指輪を外したりする男性もいますが、どんな意味があるかわかりますよね。
近頃では婚約指輪と結婚指輪を両方つけるのが流行っています。
同じブランドのものならばお洒落にフィットしてステキです。
一生使う大事に指輪ですから、新郎新婦が納得する品物を選びましょう。
 
ブライダルリングは、小さいアイテムですから、あまり意識していない男女も多いので、ついつい後回しになって手配をしてない場合もあります。
しかし、早めにしておかないと挙式に間に合わない場合もでてきますよ。


結婚指輪 手作り

婚約指輪 手作り

結婚指輪 オーダーメイド

プロポーズ 婚約指輪